イベントでの医療体制

イベントや催し物などがある場合、たくさんの集客がある時にはやはり具合の悪くなる人も出てくるので、看護が出来る体制が必要になります。
このような場所には医師や看護師が必要になってきます。イベント関係では人の熱気で気分が悪くなってしまう人も意外と多くいますので、真夏でなくてもこのような医療体制は必要になります。
もちろん、夏の野外イベントなどではかなりの人数の医師や看護師を待機させなくてはいけません。
このような単発の仕事だけを行う、アルバイトとして登録している看護師も多くいるようです。現役で看護師として働いていたけれど結婚や子育てといった生活環境の変化によって、常勤の看護師として働くことがむずかしくなってしまった人などがこのような働き方をしているケースも多くあります。
女性医師が生活環境の変化で単発の医師として働くことがあります。また、協力的な病院や医療関係がありますので、そちらから参加されることも多いようです。
単発の仕事ですから安定した収入にはなりませんが、ちょっとした臨時収入として考えるには一般的な職業の日当よりは高額になりますので、現在はあまり忙しくない職場で働いている看護師や、常勤では難しいけれど1日や2日なら可能だという看護師資格を持っている人には良い働き方かもしれません。
救急車で搬送しなくてはいけないような状態の患者が出ることは少ないのですが、イベントの主催者側はこのような救急車が必要になるケースの対策もしていますので、安心ではないかと思います。
主に注射や点滴をするといったことが多いようですので、時間のある時に自治体などで行われている研修会などで技術が落ちないようにしておく努力は必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です